滝沢秀明、Jr.時代は「山P担当」だった 「手をつないで移動してました」

⇒ 嫁のジャニーズグッズを売ってみた体験談

5月14日放送のラジオ「タッキーの滝沢電波城」(ニッポン放送)で、山下智久くんとのエピソードが明かされました。

滝沢秀明くんが色々なジャニーズのタレントのものまねを披露していくコーナー「ジャニーズものまねコンプリート」。

今回のお題が山下くんですが、プロフィール紹介で現在31歳と読み上げた滝沢くん、「えー!もう31歳!?まだ小学生でしたからね、Jr.入ってきた時は」と、昔から知っている山下くんがこんなに大人になったということに驚いた様子。

Jr.時代の山下くんについて「忘れもしないっすよ。ジャニーズ入ってきてもうすぐ、うわ可愛い子入ったな~って印象で」と語り始めます。

「当時はまだおっきいお兄ちゃんと小さいJr.が、ツアーを回るにあたって危ないからお兄ちゃんがちっちゃいJr.と手をつないで移動する。駅とかホームとか、バスに乗る時とか。みんな面倒見てたんですよね。僕の担当が山Pだったんですね。だからものすごい覚えてますよ」と、秘話を明かしました。

大人になった山下くんについては、「最近見るとすごく男らしくなって、でもやっぱり顔が当時の山Pだなって印象ですよね」と、まだあどけなさも感じているよう。

そんな山下くんのものまねは、「僕の中の山Pって、自己紹介をテレビとかでする時に可愛らしいなって。いまだに変わんねーなっていうような、僕だけしか気付いてないようなところ」として、「こんちゃ~、山下とも●×△です」と、名前をちゃんと言えない様子を再現。

「智久、確かに言いづらいんですけど、はひふへほが言えないんですかね山Pは。いつもごにゃごにゃなっちゃう感じが昔から変わんないな。名前を言うと31歳になっても当時を思い出させてくれる山Pですよね」と、滝沢くんにとってはいまだに可愛い存在のようです。

この番組にゲスト出演したこともある山下くん。滝沢くんは「またこの番組にも来てもらいたいですよね。大人の話を山Pとしたい」と言い、また二人のラジオでの共演が実現するかもしれません。